搭載されているピンヘッダのサイズについて

こちらに使用されているピンは細ピンのようで
ラスパイに接続しているコネクタをCANDY PI 経由で
使用する為には、コネクタの交換が必要になりますが
こちらに使用可能なソケットコンタクトの型を教えて下さい。

また、数量がまとまればラズパイと同じサイズのピンヘッダをもつ製品は注文可能でしょうか?

ご質問ありがとうございます!
CANDY Pi Liteで使用している20ピンソケットから出ているピンは、標準サイズピン(0.6~0.64mm)となります。細ピンサイズ(0.5mm)ではございませんので変換は不要です。

1 Like

再確認したのですが、細ピンというかラズパイについている物に較べて
薄いので、コネクタ付きケーブルを使用すると接触不良になってしまいます。

試験したケーブルの例です。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-09731/
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-09733/
amazonなどで扱っているジャンパワイヤなど

状況を理解いたしました。
ジャンパーワイヤーなどのコネクターについては、ピンに差し込むコネクターの向きにより、固定されたりされなかったりします。

1本または2本のコネクターの場合は、差し込む向きを変えることにより固定されます。

ただ、3本以上まとまったコネクターとなると、向きを変えるわけにもいかないため、1本または2本ずつのコネクターを組み合わせて利用していただく必要があります。

40ピンの部分は、基板連結ソケットとなり、多くの部品が薄い仕様となっています。
厚さがあるものが見つかりましたら(あるいは代替案が見つかりましたら)、今後の仕様変更として検討いたします。

ピンの形状に0.5x0.5のものと0.5x0.25のものがあるようですね。

複数のコネクタを入手して試してみました。
XHコネクタを使用するとコネクタの構造上スプリングでホールドできるのですが
ハウジングが2.5mmの為、少数に限られるようです。
一般的なQIコネクタ だと仰るとおり向きを変えることで固定されることもありますが
複数のハウジングでは無理なこと、および接触不良の原因となりそうなのですが
メーカーによってはホールドできるものがあるようですが、実用では確認と対策が必要なようです。

ご回答ありがとう御座いました。
少なくない数での利用を考えていますので、今後の対応を期待してます。

ご連絡ありがとうございました。
ある程度の数があるということであれば、もうお考えかもしれませんが、ハーネスのカスタマイズができるところを探すという方向からもご検討頂ければと思います。
また、連結ソケット型で厚みのある40ピン部品を見かけましたら、おしらせください。ご質問をいただいてから、秋月さんやマルツさん等でお聞きしたり探したりしましたが、残念ながら条件に合うものがありませんでした。他社の方にもお聞きしつつ引き続き情報収集を行ってまいります。