Terminating on signal 15 で接続できない

Raspberry Pi3 Model B+ と Candy Pi Lite+ D で下記の様な状態となり、接続確立出来ません。

認証が成功した後、Terminating on signal 15 となっていますが、この間、一度もオレンジLEDが点灯する事はありません。

SIMはロケットモバイル製(Docomo系MVNO)を使用し、APNの設定も行っています。(認証が成功しているので、この点は問題ないと思っています。)

この状況は具体的にどういう状態を意味しているのでしょうか?(このSIMは非対応なので使えない?)
ご説明頂けると有り難いです。

$ systemctl status candy-pi-lite
● candy-pi-lite.service - CANDY Pi Lite Service, version:5.0.1
Loaded: loaded (/lib/systemd/system/candy-pi-lite.service; enabled; vendor pr
Active: active (running) since Fri 2018-06-01 13:17:04 JST; 57min ago
Main PID: 397 (bash)
CGroup: /system.slice/candy-pi-lite.service
tq 397 bash /opt/candy-line/candy-pi-lite/start_systemd.sh
mq2615 python /opt/candy-line/candy-pi-lite/server_main.py /dev/ttySC

6月 01 14:10:35 raspberrypi pppd[2054]: Using interface ppp0
6月 01 14:10:35 raspberrypi pppd[2054]: Connect: ppp0 <–> /dev/ttySC1
6月 01 14:10:36 raspberrypi pppd[2054]: CHAP authentication succeeded
6月 01 14:10:36 raspberrypi pppd[2054]: CHAP authentication succeeded
6月 01 14:11:46 raspberrypi pppd[2054]: Terminating on signal 15
6月 01 14:11:52 raspberrypi pppd[2054]: Connection terminated.
6月 01 14:11:52 raspberrypi pppd[2054]: Serial link disconnected.
6月 01 14:11:54 raspberrypi candy-pi-lite[2614]: [INFO] CANDY Pi Lite Board is i
6月 01 14:11:54 raspberrypi server_main.[2615]: [NOTICE]
6月 01 14:11:54 raspberrypi server_main.init[2615]: [NOTICE]

ご連絡ありがとうございました。

実は紛らわしいのですが、pppdはAPNの設定がSIMの契約と異なる場合でもこの様なログを出すことがるようです。
このため一度確認のため、設定された内容を教えていただけますでしょうか?
例えば、/boot/apnに設定された場合は、そのファイルの内容となります。

あとは、接続できない状態の後でしばらくするとログに「[INFO] CANDY Pi Lite Board is initialized successfully!」が出ますので、その状態になったら、以下のコマンドを実行していただきその結果もお知らせいただければと思います。

sudo candy apn ls

よろしくお願いいたします。

対応ありがとうございます。

結論からお伝えすると、正常に接続できる様になりました。
原因は、単純にAPN設定のタイプミスでした。

apnファイルの取り込みも正常に完了し、
CHAP authentication succeeded
が出ていたので、この部分に関しては問題ないものと思い込んでいました。

お手数をお掛けしました、ありがとうございました。

尚、参考としてお伺いしたのですが、この「CHAP authentication succeeded」は何を意味するのでしょうか?
今後、量産時に他社SIMを使用する予定もあり、実際にAPN設定ミスや契約切れなどで接続できないケースにおいて原因を判定する為の情報としたいと思いますので、ご説明頂けると有り難いです。

当該メッセージは、pppdが出しているものです。

これは単にpppdがCHAP認証を行なった結果に対して、成功・失敗と出しているものですが、この結果コードが常に成功となってしまっていると思われます。
ただ、モジュールがそう応答しているのか、網側がそのように応答しているのかまでは外からはわからない状況です。

このため、このログメッセージを重視しないほうが良いと判断します。APN設定や、回線を停止などした場合は、Modem hungupなどPPP接続が中断しますので、その挙動をもって回線契約状態や、APN設定違いなどを特定できればと思います。

別の方法としては、SORACOMやIIJ、あるいはDocomo IoTなどを使ってAPIやコンソールでSIM回線をコントロールしたり状態を見たりできれば、トラブルシューティングがしやすいかと思います。ただ、それが可能なSIMの種類が限定されてしまいますが。

他に何か、こういうのがわかりにくいなどお気付きの点がありましたら、ご意見いただければと思います。よろしくお願いいたします。