$ sudo candy gnss status でのJSON出力


#1

Candy Pi Liteと Raspberry Pi Zero をシリアル接続で使用して利用しています。

標記、GNSSでのJson出力にゴミ(以下のようなファイル冒頭と末尾の2組の文字列データ)が入ってきて、汎用のJSONファイル向けのパーサーなどが通らない原因となっています。(vimなどで手動で取れば問題ないのですが)
単純に、 sudo candy gnss locate > ~/user.d/geolocation.json を実行しています。
何らかの対応をお願いしたいです。

=========
^[[94m{
“timestamp”: “2018-05-23T04:26:44.000Z”,
“latitude”: 35.00000,
“longitude”: 139.00000,
“altitude”: 54.8,
“cog”: 132.3,
“spkm”: 0.0,
“spkn”: 0.0,
“nsat”: 7,
“hdop”: 0.9,
“fix”: “2D”
}^[[0m


#2

投稿ありがとうございます。

現状、ANSIエスケープシーケンスは、コマンドライン側でつけているものではないため、出力結果を受け取った方で対処が必要となっております。

具体的な対策としては以下のようにPerlコマンドで取り除くか、

あるいは、以下のようにPythonなどのスクリプトでライブラリーなどを使って正規表現を使って取り除いていただく必要があります。