Raspberry Pi Imagerを利用したCANDY Pi Lite専用OSイメージの書き込み方法

Raspberry Pi公式のイメージ書き込みツールを利用したOSイメージの書き込み方法をご案内します。

対象となるOSは以下の通りです。以下のOS以外の場合は、従来のbalenaEtcherを使用した方法をご利用ください。

  • Windows
  • macOS
  • Ubuntu

Raspberry Pi Imagerのダウンロードとインストール

以下のページからRaspberry Pi Imagerをダウンロードします。

OSごとにリンク先が分かれていますので、ご利用のOSに合わせてソフトウェアをダウンロードしてください。

ダウンロードしたら、それぞれのバイナリーからインストールを行ってください。個別のOSのインストール方法についてはこちらでは記載しません。

Raspberry Pi Imager起動前の準備

OSイメージをご用意ください。OSイメージはこちらのページから最新のものをご利用ください。

書き込みを行うマイクロSDカードを用意してください。またパソコンにマイクロSDカードスロットがない場合、USBのSDカードライターをご利用ください。

なお、Raspberry Pi Imagerを利用して書き込みを行う場合は、SDカードのフォーマットも自動的に行われるようなので、Raspberry Pi Imager以外にソフトウェアを用意する必要はありません。

Raspberry Pi Imagerをインストールできたら起動して次の手順へ進みます。

Raspberry Pi Imagerの操作

ご注意)以下の画面イメージはmacOSのものを使用しています。全てのOSで表示はほとんど同じと思われますが一部WindowsやUbuntuと表示が異なりますのでご注意ください。

Raspberry Pi Imagerを起動すると次のような画面が表示されます。
まず最初にOSイメージを選択するために、「CHOOSE OS」と書かれたボタンをクリックします。

step2

すると、次のようにOSを選択するダイアログが表示されます。このダイアログを下の方へスクロールしていくと、一番最後に「Use custom」と出てきますのでこの部分をクリックします。

step3

するとファイル選択の画面が出てきますので、ダウンロードしたOSイメージファイル(zipファイルまたはimgファイル)を選択します。

ファイルを選択すると、「Operating System」に選択したファイルの名前が一部表示されます。
次に、「SD Card」にある「CHOOSE …」をクリックします。

step5

すると現在認識されているSDカードの一覧が表示されますので、書き込み先のSDカードを選択してクリックします。

step6

これでOSイメージファイルの選択と、書き込み先のSDカードの選択が終わりました。
すると「WRITE」が押せるようになるので、最後に「WRITE」をクリックします。

step7

「WRITE」をクリックすると書き込み処理が開始されますので処理が終わるまで待ちます。
step8

処理が終わると次のようなダイアログが表示されます。
これは、処理が成功したというメッセージとマイクロSDカードを取り出して良いというメッセージが書かれています。
マイクロSDカードを取り出して、「CONTINUE」をクリックします。

step10

これで書き込みは完了しました。Raspberry Pi Imagerを終了することができます。

書き込んだマイクロSDカードをそのままRaspberry Pi本体に差し込んで電源を入れるとOSが起動します。