GNSS、ネットワーク状態表示コマンド結果取得時間について

お世話になっております。

コマンドによるGPS位置取得 sudo candy gnss locate
コマンドによるネットワーク状態表示コマンド sudo candy network show

上記コマンドを1秒間隔でそれぞれ実行していますが、コマンド実行から取得までに
それぞれ2秒程度掛かっております。

1秒間隔で結果取得する事は難しいでしょうか?
または、各コマンドの結果出力まで秒数指定などされていますでしょうか?

ご質問ありがとうございます。

CANDY Pi Liteとラズパイとの接続をGPIOのみにしている場合は、一度通信を止める必要があることから一定時間かかるようになっています。USB接続にしていれば、そのような通信を止める処理は行われないので遅延は少ないと思われます。

また、定期的にGPSの位置情報を取りたい場合は、USB接続限定となりますがNMEAを使う方法もあります。

上記回答の中で、gpsdとcgpsを使用した位置情報取得例を紹介しておりますのでご覧ください。

ご回答頂き有難うございます。

USB接続で取得を行っておりますが、結果取得までの時間にバラつきがあるようです。
これはネットワーク状態表示やGPS取得コマンドの結果取得までに周辺環境に影響を受ける事も考えられるでしょうか?(GPSであれば屋内窓際と屋外など)

GPS取得に1.2sec ~ 2.8secでバラつきが出ており、位置を変えると速くなったり遅くなったり変動しております。

candy network showコマンドでは複数のコマンドを内部で実行しているので、一回の実行で時間がかかる場合があります。接続状態のみ知る場合は、candy connection statusの方が応答が早いでしょう。ただ、それでもコマンド実行のオーバーヘッドで1秒前後かかるようなので、接続状態を見る場合は可能であれば5秒など多めの時間をとっていただければと思います。

また、位置情報を定期的に1秒間隔で取りたい場合は、シリアルポートからデータを読むだけで済むNMEAデータを利用する方が便利かもしれません。他のcandyコマンドとの競合がないので待ち時間がなく1秒単位での位置情報取得ができるはずです。

ご検討ください。

ご回答頂き有難う御座います。

接続状態確認コマンドについて多めの時間を考慮させていただきます。
また位置情報定期取得に関しても承知いたしました。

candy network showコマンドとcandy gnss locateコマンドをほぼ同じタイミングで実行している事から競合が発生し遅延が発生してしまっているので、NMEAデータ利用を検討してみます。
ありがとうございました。

1 Like